思想としての動物と植物

分類 動物・昆虫 
タイトル 思想としての動物と植物 
サブタイトル  
著者 山下正男著 
ページ数 352頁 
判型 四六・上製 
定価 3,024円(本体2,800円) 
内容 迷える小羊とキリスト教、狼と異端、農民と牛馬、死・復活と種子など、動物と植物が象徴するイメージとその変遷を、キリスト教伝来以前から近代にいたる西洋思想・哲学の中に探り、ときに東洋思想と対比させつつ体系化する。 
目次 第1部 動物と西欧思想
思想とイメージ
角のある神と魔女
羊イメージ群とキリスト教
牛馬イメージと西ヨーロッパ世界
馬から機械へ
動物と革命思想
第2部 植物と哲学
農業段階の哲学
植物と人間のアナロジー
人間の歴史と植物イメージ
哲学・宗教と植物イメージ
宇宙における植物と人間の位置
エコロジーの思想史的意義
 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-647-5 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法