日本酒の起源

分類 食文化 
タイトル 日本酒の起源 
サブタイトル ─カビ・麹・酒の系譜─ 
著者 上田誠之助著 
ページ数 208頁 
判型 四六・上製 
定価 2,376円(本体2,200円) 
内容 日本酒は蒸した米粒にカビを生やし、それを発酵させて造る。この日本独特の酒造りは、どのようにして生まれてきたか?縄文時代の口噛み酒や、神社に残る御神酒造りなど、古代の酒造りを実際に試しながら、日本酒の起源を探る! 
目次 糸引き納豆と日本古代の酒づくり
留学生と糸引き納豆
アジアの納豆菌とその不思議な分布
日本の稲と大豆の由来
縄文人と口噛み酒と糸引き納豆
日本酒の起源と神酒
第1章 日本民族の成立と稲作の渡来
縄文人と弥生人
稲作はどこから
第2章 古代の神酒
神饌─しとぎと神酒─
南方から伝えられた口噛み酒
風土記にみる口噛み酒
神社にみる口噛み酒のなごり
天津神はツングース系の人か
果汁や雑穀類などによる神酒
第3章 琉球弧と神酒
奄美大島で「ミキ」に出会う
江戸時代までつづいた口噛み酒づくり
口噛みによる神酒のつくり方とその変遷
琉球弧の神酒は麹が苦手
第4章 しとぎと神酒
東南アジアに見られるしとぎ
しとぎから米餅麹へ──中国・朝鮮の場合
神社に伝わるしとぎからの神酒づくり
第5章 ゲツと餅麹
中国におけるゲツと餅麹の歴史
古代朝鮮の酒づくり
芽米を用いて醴酒をつくる
口噛み酒から芽米酒、そして麹酒へ
米バラ麹の誕生を追って
第6章 餅麹による麹酒づくり
古代にすたれた米餅麹の酒
しとぎを用いて甘酒をつくる
日本の酒はなぜ米バラ麹を使うのか
第7章 世界各地のカビ酒とその起源
醸造酒の三つのグループ
中国におけるカビ酒とその起源
朝鮮におけるカビ酒とその起源
東南アジアにおけるカビ酒
中央アフリカに見出されたカビ酒
口噛み酒の本場、南アメリカのカビ酒
おわりに──日本古代の酒づくりに思いを馳せて 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-443-3 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法