香料文化誌

分類 文化史 
タイトル 香料文化誌 
サブタイトル ─香りの謎と魅力─ 
著者 C.J.S.トンプソン著/駒崎雄司訳 
ページ数 240頁 
判型 四六・上製・新装版 
定価 3,024円(本体2,800円) 
内容 「香り」は世界中で様々な方法で楽しまれている。いったい「香り」は、いつ・どこで・どのように使い始められ、用いられてきたのか。古今東西の膨大な資料を基に展開される、紀元前から近代までの「香り・香料」の歴史。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 原題 THE MYSTERY AND LURE OF PERFUME 

著者 C. J. S. THOMPSON
訳者 駒崎雄司(こまざき ゆうじ)
1929年、千葉県市川市に生まれる。
1952年に早稲田大学第一文学部英文科を卒業後、松竹株式会社に勤務。外国映画の宣伝・製作・輸入業務を行うかたわら、映画関係の雑誌に執筆。1967年に退社。以後主としてファッション、音楽、映画関係の翻訳に従事して現在にいたる。


ISBN978-4-89694-949-0 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法