植物のパラサイトたち

分類 植物 
タイトル 植物のパラサイトたち 
サブタイトル ─植物病理学の挑戦─ 
著者 岸 國平著 
ページ数 256頁 
判型 四六・上製 
定価 2,592円(本体2,400円) 
内容 野菜や果物をはじめ、大切な庭木や鉢花にとりついて枯らせてしまう病原菌(パラサイト)の専門家=植物病理学者が語る植物の病気の話。病徴や原因から、防除法など様々な叡智までを、原因菌を求めて戦う人々の姿を交えつつ紹介する。 
目次 植物とパラサイトたちの世界
寄生生活をする生物/寄生するもの・パラサイトとは/ヒトの手で護られている作物の弱点/パラサイトの区分け/知恵比べ/ヒトに役立つパラサイトも
1部 食の歴史を変えたパラサイトたち
アイルランドの大飢饉とパラサイト
アイルランドとジャガイモ/大事なジャガイモを襲った怪事件/意外にもおとなしい疫病菌
貴腐ワインの秘密
ワイン通垂涎のまと/果物の大敵灰色かび病菌と貴腐ワイン/貴腐果ができるまで
二十世紀ナシの悩み
二十世紀ナシの宿命/黒斑病に強いナシを/ゴールド二十世紀の登場
永遠のチャレンジ、イチゴの品種改良
イチゴの新品種を作る/宝交早生の寿命を縮めた病気/炭疽病に弱い女峰/芝生の隅の実験/大粒イチゴとウイルスの秘密
誤解が生んだカイワレダイコンの悲劇
どこにでもいる大腸菌/カイワレダイコンとO-157の教訓
日本のスイカの危機
スイカのつる割病/スイカの救世主/スイカ苗にふたたび危機せまる/特定のユウガオ種子に異常あり/種子伝染のメカニズムを探る/絶妙な熱消毒法
土の中の微生物たち
トマトの根につくパラサイト/イネのばか苗病菌とジベレリン/ジベレリンと種なしブドウ
2部 植物の病気とパラサイト
ある庭園で起きた小事件
まずウメが枯れた/ウメを枯らせた正体は/人間たちが菌を目ざめさせた/愛樹牡丹の行方
MLO発見物語
桑畑の異変/桐の木の異変/アスターイエローズ病/日本チームの動き/極秘に進められた実験/決断のときはきた/マイコプラズマ様微生物とは
ジャガイモはタバコの敵か
ウイルスはナス科の植物が好き?/タバコ農家を震撼させた伝染病
温州ミカンのパラサイトを追って
白羽の矢/実験ははじまった/第二の実験/ウイルスは本物か/ウイルスの検定に使える植物を求めて/ゴマ検定/苦い経験/戻し接種でウイルスを確かめる/研究は果てなく
メロンの奇病
メロン産地の憂鬱/いざ、メロン産地へ/カビかバクテリアかウイルスか/メロンのウイルスの素顔を追って/ウイルスの伝染法/意外な結末/真実を求める道のり
カキの木を裸にするパラサイト
カキの葉の早過ぎる落葉は/円星落葉病菌の不思議な一生
3部 不思議な共生の世界
サクラの巨木に頼るパラサイト
発想はツユクサのウイルス病から/アブラムシを使ってウイルスを取り出す/パラサイトの生き残り戦略/樹木とウイルスの程よい関係
シバとヘクソカズラの密約
シバとさび病/さび病菌の生活
雪の下の惨劇
春播きコムギと秋播きコムギ/根雪の下の世界/グリーンキーパー泣かせのパッチ/芝生を支える頑丈な根群/雪腐病と農薬事件
かき餅のようなツツジの葉
北海道の土産/パラサイトの正体を明かす/北海道再訪/チャノキともち病
昆虫とイネを結ぶパラサイト
イネとヨコバイ/縞葉枯病とウンカ
パラサイトに寄生するパラサイト
細菌の天敵バクテリオファージ/生物農薬の曙
早過ぎたケヤキの紅葉
ケヤキの白星病/ケヤキと白星病のつき合い方/ケヤキの実生を見て/生き残りへの知恵
ラッカセイの新パラサイト追跡
ラッカセイの葉の不思議な病斑/正体を現さないパラサイト/正体探しの旅/二つ目のめずらしい病斑発見/新パラサイトとラッカセイの結びつき/黒い粒に注目/アルターナリアの完全世代発見か/ラッカセイさび斑病と命名
そっと覗いてみたパラサイトたちの楽園
枯れ葉の上で活躍する菌類/いぼいぼとべたべたの正体/葉の上にかわいいキノコが登場 
PDFパンフレット  
備考 著者略歴

岸 國平(きし・くにへい)
1926年 群馬県生まれ
1950年 東京大学農学部卒業。同年農林省入省。
園芸試験場、野菜試験場で病害研究室長の後、農事試験場長、技術会議事務局長、農業研究センター所長を歴任。
1984年退職。その後都立立川短期大学学長を経て、
農業技術協会会長に就任。現在、同顧問。
日本植物病理学会会長、現在同名誉会員。
農学博士、日本植物病理学会賞受賞、勲三等旭日中綬章。


ISBN978-4-89694-482-2 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法