近代植物学の起源

分類 植物 
タイトル 近代植物学の起源 
サブタイトル  
著者 A.アーバー著/月川和雄訳 
ページ数 288頁 
判型 菊判・上製 
定価 8,179円(本体7,573円) 
内容 西洋本草学史の古典中の古典といわれた本書は1470年から1670年までの刊本の発達史を中心に、ヨーロッパにおける植物に関する知識の進展を説きながら、近代植物学のルーツを探る。 
目次 第1章 植物学の初期の歴史
第2章 最初の印刷された本草書(15世紀)
第3章 イギリスにおける初期の本草書の歴史
第4章 16,17世紀の植物学のルネサンス
第5章 植物記述法の発展
第6章 植物分類法の発展
第7章 植物図譜の技法の発展
第8章 象徴の教説と占星術的植物学
第9章 結語


訳者あとがき
索引
付録1 1470年から1670年までに出版された主要な本草書および関連書の年代順目録
付録2 原著の参考文献
付録3 「付録2」著述に関する項目索引 
PDFパンフレット  
備考 原題 "Herbals, Their Origin and Evolution: A Chapter in the History of Botany, 1470‐1670, 2nd rev. ed." 1938, Agnes Arber
---------------------------
ISBN978-4-89694-596-6 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法