生命進化の物語

分類 自然 
タイトル 生命進化の物語 
サブタイトル  
著者 リチャード・サウスウッド著/垂水雄二訳 
ページ数 384頁 
判型 四六・上製 
定価 3,024円(本体2,800円) 
内容 海に誕生した生命が多様化し、やがて陸にあがって、今日の繁栄を築くまでに、地球上にはどのような生命が現れ、どんな物語がくりひろげられたのだろうか? 恐竜はなぜ絶滅したのか? 「生きている化石」たちはどうやって生き残ったのだろうか? ヒトはみな「アフリカのイヴ」の子孫なのか? 地球の温暖化は、将来なにをもたらすのだろうか? 最新の研究成果をもとに、生命の過去・現在・未来を描き出す珠玉の科学読み物。 
目次 第1章 特別な化学的条件
 原始生代および古始生代:45億5000万年前〜35億年前
第2章 生命の始まり
 中始生代から新始生代:35億年前〜25億年前
第3章 核をもつ細胞(真核生物)
 原生代:25億年前〜6億年前
第4章 クラゲ・ウミエラ・蠕虫?
 原生代後期:7億年前〜5億4500万年前
第5章 ハサミ・歯舌・貝殻
 カンブリア紀からオルドビス紀:5億4500万年前〜4億3800万年前
第6章 砂・泥・浅海
 シルル紀からデボン紀:4億3800万年前〜3億6200万年前
第7章 巨大な大陸の形成
 石炭紀からペルム紀:3億6200万年前〜2億4800万年前
第8章 わずかな数からの出発
 三畳紀:2億4800万年前〜2億600万年前
第9章 恐竜の時代
 ジュラ紀から白亜紀:2億600万年前〜6500万年前
第10章 現在の世界の夜明け
 第三紀から第四紀:6500万年前から現在まで
第11章 才気ある類人猿の進化
 2000万年前〜3万年前
第12章 世界を変える人類
 4万年前、現在、そして未来 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
リチャード・サウスウッド(Richard Southwood)
1931年生まれ。1979〜1993年までオックスフォード大 学教授、1989年〜1994年まで同大学副総長を務める。 1998年よりオックスフォード大学名誉教授。2005年10月没。専門:昆虫学・生態学
【訳者紹介】
垂水 雄二(たるみ・ゆうじ)
1942年、大阪生まれ。京都大学理学研究科博士課程修了。 出版社勤務を経て、現在科学ジャーナリスト。
〈著書・訳書〉
『やぶにらみ生物学』エーコン・1985年、
C.M.スキナー著『花の神話と伝説』共訳・八坂書房・1985年、
R.ドーキンス著『遺伝子の川』草思社・1995年、
『悪魔に仕える牧師』早川書房・2004年、
『祖先の物語』小学館・2006年、
N.ハンフリー著『内なる目』紀伊國屋書店・1993年、
『獲得と喪失』紀伊國屋書店・2004年、
R.フォーティ著『三葉虫の謎』早川書房・2002年、
J.ワイナー著『命の番人』早川書房・2006年、ほか多数。

原題 "The Story of Life" T. R. E. Southwood
--------------------------
ISBN978-4-89694-887-5 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法