西欧中世の社会と教会

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル 西欧中世の社会と教会 
サブタイトル 教会史から中世を読む 
著者 R. W. サザーン著/上條敏子訳 
ページ数 488頁 
判型 A5・上製 
定価 5,184円(本体4,800円) 
内容 中世、教会と社会はひとつであった
教皇を頂点とした教会諸組織の変容の過程を、社会変動との関わりにおいて鮮やかに浮き彫りにし、教会史に社会史の地平を拓いた刺激あふれる通史。とりわけ修道会各派の盛衰と宗教運動の興隆を描いた後半は圧巻。中世史の枠を超えて読み継がれるベストセラー『中世の形成』の著者が遺したもうひとつの名著、待望の邦訳。 
目次 第1章 教会と社会
第2章 時代区分
 初期――700年頃から1050年頃まで
 成長の時代――1050年頃から1300年頃まで
  1 主たる進展
  2 聖職者による覇権の達成とその限界
  3 正の遺産
 不穏な時代――1300年頃から1550年頃まで
  1 変わりゆく環境
  2 政治的変化と反応
第3章 キリスト教世界の分裂
 不一致の種
  1 乖離しゆく慣習
  2 政治的分離
  3 教義上の相違
 二つの教会
 再統一への模索
  1 軍事的方法
  2 政治的包括的取引
  3 理解の道
  4 後退
第4章 教皇権
 初期――700年頃から1050年頃まで
  1 聖ペテロの代理人
  2 至高の世俗君主
 成長の時代――1050年頃から1300年頃まで
  1 キリストの代理人
  2 業務の拡大
  3 首位権と世俗権力
  4 法学者たる教皇
 インフレ・スパイラル――1300年頃から1550年頃まで
  1 贖宥
  2 国際政治
  3 聖職禄をめぐる闘争
第5章 司教と大司教
 カロリングの教会秩序とその崩壊
  1 司教の形成
  2 カロリング期の理想の解体
 教皇に仕える司教たち
  1 北フランスの大司教
  2 イングランドの大司教
  3 ドイツの司教
  4 北イタリアの司教一族
第6章 修道会
 ベネディクト修道制
  1 戒律
  2 偉大な世紀
  3 変化と衰退
 新修道会
  1 アウグスティノ修道参事会
  2 シトー会
 托鉢修道会
  1 環境
  2 目的と起源
  3 成長と成果
第7章 周縁の修道会と、修道会に対するアンチ・テーゼとしての宗教運動
 全般的環境
  1 群集の振る舞い
  2 信仰生活における女性の影響力
 通じない言葉
  1 ケルンのベギン
  2 デーフェンテルおよびその近隣の共同生活信心会 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
R・W・サザーン R. W. Southern(1912-2001)
中世史の枠を超えて読み継がれるベストセラー『中世の形成』(邦訳:みすず書房)の著者として名高いイギリスの中世史家。邦訳のある他の著書に、『ヨーロッパとイスラム世界』(岩波書店)、『歴史叙述のヨーロッパ的伝統』(創文社)などがある。2001年オックフォードにて歿。

【訳者紹介】
上條敏子(かみじょう・としこ)
一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。著書に『ベギン運動の展開とベギンホフの形成』(刀水書房、2001年)がある。

原題
R.W.Southern: Western Society and the Church in the Middle Ages,1970

---------------------------------------
ISBN978-4-89694-888-2 

弊社在庫:品切

書店Web + 注文方法