天敵なんてこわくない

分類 動物・昆虫 
タイトル 天敵なんてこわくない 
サブタイトル 虫たちの生き残り戦略 
著者 西田隆義 
ページ数 208頁 
判型 A5変型・上製 
定価 2,160円(本体2,000円) 
内容 「死んだふり」は効き目があるの?
擬態や隠れ蓑作戦、死んだふりから自分の脚を切って逃げ切る‘自切’まで、虫たちのさまざまな生き残り戦略は、天敵から逃れ、生き残って子孫を残すために効果があるのだろうか。生死をかけた昆虫と天敵との知恵比べの数々を、さまざまな実験ドキュメントを交え、進化との関係を絡めつつ解き明かす、知的好奇心を満たす好著。 
目次 1章 自然における天敵の役割
疑問のきっかけ−食うものと食われるもの/天敵による制御は本当にないのか?/天敵による制御をもたらすロジック

2章 適応をいかにして説明するか?

3章 スペシャリスト捕食者と被食者の関係−熱帯林での実態
研究のきっかけ−隔離されたカメムシの集団/ホシカメムシの繁殖の実態/捕食圧の操作実験−野外における検証

4章 天敵導入による検証−寄生蜂とカイガラムシ
応用研究との接点/天敵導入の効果とその理由−ヤノネカイガラムシを例に/寄生回避のコスト/寄生回避の進化

5章 身近な生物にみる天敵の影響−日本の休耕田での実態
普遍化を目指す/休耕田でカエルはなにを食べているのか?/バッタの捕食回避策−死にまねは有効か?/休耕田における鳥の捕食と自切−生き残りのコスト/みつからないための工夫−隠蔽色と紋の効果

6章 捕食回避の生態学的意義 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-909-4 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法