額縁への視線

分類 美術・工芸 
タイトル 額縁への視線 
サブタイトル 額装というデザイン 
著者 小笠原尚司著 
ページ数 152頁 
判型 A5・並製  
定価 1,944円(本体1,800円) 
内容 額縁は絵を飾るためだけの道具ではない?!
額縁を家具としてとらえ、インテリア・コーディネートの視点で、無限の可能性を秘めた「額装」(=額を使って空間をデザインすること)の世界を紹介します。
壁面を上手く使って様々なモノ=ストーリーを飾り、プライヴェート空間を演出するパリの人々をお手本に、あなたも「額装」を楽しんでみませんか?
「モナ・リザ」やゴッホの額縁、額の歴史からフランスと日本の壁事情まで、興味深い話題も盛り沢山! 
目次 プロローグ ◆ 《モナ・リザ》の額
第一章 ◆ 「額」から「額装」へ
「額」への視線/額から額装へ/額装とは何か
第二章 ◆ 額の歴史、額装の変遷
洞窟壁画/教会の宗教画/板絵からキャンバス画へ/デッサンと版画と紙/フランスでの額の完成/日本の額の歴史
第三章 ◆ 額装というデザイン
見るということ/なぜ額装するのか/余白の美/色と額装/服装と額装・表装/保存と装飾/額装をデザインする
第四章 ◆ 額と家具、額装とインテリア
インテリアと額/メディアの中の額/商業空間における額/額は家具だ/アーティストにとっての額装/個人にとっての額装
第五章 ◆ ヨーロッパの壁と日本の壁
フランスの額事情/自然災害と日本人/日本建築と壁と禅/日本の現代建築/しまう文化(浮世絵)/見せる文化(写真)/箱文化/日本の額と壁事情
エピローグ ◆ ゴッホの額 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
小笠原尚司 Hisashi Ogasahara
1931年生。1985〜1999年パリを中心に写真家として活動。在仏中に額装の魅力にとりつかれ、帰国後、都内に額装スクール・額装ショップ&ギャラリーを開き、アートと額装、壁面装飾の新たな可能性を提案している。
-------------------------------------------
ISBN978-4-89694-912-4 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法