フランスの聖者たち

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル フランスの聖者たち 
サブタイトル 古寺巡礼の手帖 
著者 渡邊昌美 
ページ数 352頁 
判型 四六判・上製 
定価 3,024円(本体2,800円) 
内容 伽藍・聖遺物・奇蹟譚に映る中世の人びとの信仰と生活
サン・ドゥニ、モン・サン・ミシェル、コンクなど、中世フランスに栄えた大小の霊場を巡り、聖者崇拝の遺物や記録の背後に見え隠れする信仰と生活の実像を鮮やかに捉えた名著、待望の新版。再刊にあたり図版を一新し、また小説家小川国夫とのサンチャゴ巡礼をめぐる対談を併録。 
目次 第1章 聖堂の四季 サン・ドゥニ(1)
 前口上/『愉快な巡礼』/聖者文献に見る中世史の風景/権威も栄光も/ゴシックの開幕/月ごとの仕事
第2章 歴史の工房 サン・ドゥニ(2)
 記録作りの伝統/聖ドゥニ伝説の成立/アベラールの批判/偽文書と史書のはざま
第3章 ピレネーの桃源郷 サン・ベルトラン・ド・コマンジュ
 マリア信仰の先駆者/廃墟からの槌音/奇蹟譚の中の実像/「大赦の年は惨苦の年」/巡礼の理想像
第4章 たまごの聖母さま ノートルダム・ドラフレード
 女たちの祭り/土俗信仰との習合
第5章 大天使の要塞 モン・サン・ミシェル
 死闘の舞台/聖ミカエル信仰の伝播/メルキュール神からミカエルへ/聖堂の惨劇/天然の大要塞/防備への腐心/大天使顕現/海の難儀の大天使/岩山のもつ聖性/お山の道/子供巡礼/天兵の長、冥界の使者/聖所の終焉
第6章 金色の乙女 サント・フォア・ド・コンク
 天国と地獄の境界/聖者に託した空想と願望/聖なる盗みの典型/黄金の座像/聖女信仰の断層
第7章 泉の僧院 フォントネイ
 造営と発見の連鎖/信仰形態の転換/書物としての建造物/清貧の中のシトー会/建築に示す透明な精神
第8章 海から来た聖者 サン・ジルダ・ド・リュイス
 中央と地方の落差/二つのブリテン/海峡を跨ぐ信仰圏/渡来した聖者信仰/風土を反映した気風
第9章 遙かなる旅路 巡礼と同胞団
 愛憐の兄弟たち/厳しい規約/巡礼の救護と寺の繁栄/危難に満ちた「巡礼の道」
第10章 幻の聖なる道 サンチャゴ巡礼 対談─小川国夫×渡邊昌美
 「たまごの聖母さま」/キリスト教の大衆化/恐怖の神から救いの神へ/異端の出現/「見る」聖書/「聖ヤコブの道」/聖ヤコブ伝説/『聖ヤコブの書』/墓場の聖ヤコブ/信仰の肉体性/サンチャゴへの道/巡礼たちのゆくえ/キリスト教世界とイスラム教世界/サンチャゴ巡礼の意味/対談のあとで(渡邊) 
PDFパンフレット  
備考 著者略歴
1930年生。高知大学名誉教授。
『巡礼の道』(中公新書)『中世の奇蹟と幻想』(岩波新書)『フランス中世史夜話』(白水社)『異端者の群れ』(八坂書房)など著訳書多数。J.C.シュミット『中世歴史人類学試論』(刀水書房)で、2008年度日本翻訳出版文化賞受賞。


-----------------------------------
ISBN978-4-89694-923-0 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法