主張する植物

分類 植物 
タイトル 主張する植物 
サブタイトル  
著者 塚本正司 
ページ数 280頁 
判型 四六/並製 
定価 2,160円(本体2,000円) 
内容 植物の立場で地球を考えると──?
私たちのモノとココロのあり方に問いかけ、生命観や自然観を揺るがす植物たちの生の声に耳を傾ければ、地球の未来が見えてくる!

環境問題をはじめ植物が関与するさまざまな事象について、「植物の立場」で彼らの言い分を代弁し、地球の未来を危うくする人間の行動に警鐘を鳴らす。地球に優しい「植物的生活」のヒントを与えてくれる、消費社会を生きる現代人に是非読んで欲しい本です! 
目次 目次より

I 植物はどのように語っているか?・・・環境主役としての彼らを知ろう。
II 植物はどこでだれに語っているか?・・・環境告発者としての彼らに聞こう。
III 植物はなぜ主張するのか?・・・環境被害者としての彼らを分かろう。
IV 植物はなにを主張しているか?・・・環境原告としての彼らを受けとめよう。 
PDFパンフレット  
備考 著者:塚本正司(つかもと まさし)
1944年生。京都大学工学部建築学科卒業。日本住宅公団、住宅・都市整備公団研究所などを経て、現在会社役員。都市化社会と自然環境の関係を中心に執筆活動を行う。
前著『私たちは本当に自然が好きか』(2007年、鹿島出版会)が朝日新聞書評(2007年6月17日)で斎藤美奈子氏に絶賛される。

--------------------------------
ISBN978-4-89694-929-2 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法