オールド・ローズ・ブック

分類 美術・工芸 
タイトル オールド・ローズ・ブック 
サブタイトル バラの美術館 
著者 大場秀章・望月典子 共著 
ページ数 184(カラー80)頁 
判型 A5・上製 
定価 2,592円(本体2,400円) 
内容 ボタニカル・アートと西洋絵画に描かれた魅力溢れるオールド・ローズについて、古代より愛され続けてきた歴史や花に込められたメッセージなどを、植物文化史のオーソリティと気鋭の美術史家がやさしく説く。美しいカラー図版130点。

◆現在、バラ(モダン・ローズ)の栽培品種は一万を超えるとも言われるが、これらが生み出されたのは19世紀半ばのことに過ぎない。ギリシア・ローマ時代から長い歴史の中で愛され続けて来たオールド・ローズには、今なお根強いファンが多い。本書では、このオールド・ローズの時代に描かれたいにしえ古のバラをテーマに、植物文化史のオーソリティと気鋭の美術史家のコラボレーションが実現!
◆ボタニカルアートと西洋絵画あわせて約150点の美しいカラー図版掲載 
目次  
PDFパンフレット  
備考 ◎大場秀章(東大名誉教授)「オールド・ローズの肖像:バラの植物学とバラ図譜」
植物としてのバラの簡単な解説とバラを描いたボタニカルアートを紹介する。

◎望月典子(慶應大学講師)「フローラの王国:西洋絵画に描かれたバラ」
物語(聖書やギリシャ神話)のバラ、肖像画のバラ、バラの静物画など、絵画の中のバラがもつ役割を平易に読み解く。


--------------------------------------
ISBN978-4-89694-933-9 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法