大学の起源

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル 大学の起源 
サブタイトル  
著者 C.H.ハスキンズ著/青木靖三・三浦常司訳 
ページ数 208頁 
判型 四六判・上製 
定価 2,592円(本体2,400円) 
内容 ヨーロッパ中世の発明品のひとつに数えられる〈大学〉。――謎に包まれたその起源から、初期の制度や教育内容の詳細、さらには学生の生活の様子にいたるまでを、『十二世紀ルネサンス』の著者として名高い中世史家ハスキンズが、一般向けにわかりやすく解説。西洋中世史ならびに教育史を語る上で欠かせぬ名著、待望の新版。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
チャールズ・ホーマー・ハスキンズ
Charles Homer Haskins
1870-1937
中世史家。1902-31年ハーヴァード大学教授。アメリカ歴史学会会長、アメリカ中世学会会長を歴任。『12世紀ルネサンス』(1927年、邦訳1985年創文社/1989年みすず書房)など著書多数。
【訳者紹介】
青木靖三(あおき・せいぞう)
1926-1977。元神戸大学教養部教授。『ガリレオ・ガリレイ』(岩波新書)をはじめ、科学史関係の著訳書多数。
三浦常司(みうら・つねし)
1934年生まれ。兵庫教育大学名誉教授。専攻は英語史。著書に『中世英国ロマンス集』(共著、英宝社)などがある。

******************************
ISBN978-4-89694-947-6 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法