チョーサーの世界

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル チョーサーの世界 
サブタイトル 詩人と歩く中世 
著者 デレク・ブルーア著/海老久人・朝倉文市訳 
ページ数 528頁 
判型 A5判・上製 
定価 6,264円(本体5,800円) 
内容 時代の息づかいを伝える傑作評伝
『カンタベリ物語』の作者として名高い「英詩の父」ジェフリ・チョーサーの生涯を、同時代の史料や図版を巧みに織り交ぜ、臨場感あふれる筆致で描く。ペスト禍、百年戦争、ワット・タイラーの乱などが陰を落とす、詩人の生きた14世紀のイングランドへ、さらにはゴシック時代のヨーロッパ世界への、イメージ豊かな旅へと誘う名著、待望の邦訳。 
目次 第1章 出自と誕生
第2章 14世紀の子供たち
第3章 宮廷の小姓
第4章 本格的に宮廷出仕がはじまる
第5章 エドワード3世の宮廷で
第6章 知られざる年月
第7章 チョーサーとイタリア
第8章 華の都ロンドン
第9章 強姦と強奪
第10章 内なる生活へ
第11章 ケントで、ミューズの神々に囲まれ
第12章 そして皆巡礼の一行でした
第13章 いざやすすめ、巡礼者よ、いざすすめ
補遺 『実録チョーサー伝』抜粋 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
デレク・ブルーア Derek Brewer(1923-2008)
長年にわたりケンブリッジ大学エマヌエル・カレッジの寮長をつとめた英文学界の重鎮。チョーサー研究の第一人者。また親日家としても知られ、日本の英文学界の発展にも多大な貢献をなした。---------------------------------
Derek Brewer
The World of Chaucer
---------------------------------
ISBN978-4-89694-961-2 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法