伊藤篤太郎【改訂増補版】

分類 植物 
タイトル 伊藤篤太郎【改訂増補版】 
サブタイトル 初めて植物に学名を与えた日本人 
著者 岩津都希雄 
ページ数 352頁 
判型 四六判・上製 
定価 2,700円(本体2,500円) 
内容 日本人として初めて植物に学名を与える栄誉に固執した博士の心の奥底に迫る!
植物学界に衝撃を与えた「破門草事件」から120年。本草学の大家伊藤圭介擁する名門一族と、米国仕込みの矢田部良吉東大教授との植物の名前をめぐる事件の真相とは?
一家の威信を背負った“主犯者”伊藤篤太郎の研究人生が初めて明らかに。植物学、科学史の資料的価値の高い一冊。
***************
旧版刊行(2010年)後に続々と出現した重要な新資料、そして2012年に「国際植物命名規約」が変更された(名称も「国際藻類・菌類・植物命名規約」 に変更)。それに伴い、本書の改訂増補版を読者の皆様にお届けすることにした。口絵の写真も入れ替えとともに大幅追加した。この改訂増補版が日本の植物学史・博物学史に興味を持つ方々のさらなる参考になれば幸いである。(著者) 
目次  
PDFパンフレット  
備考 ◆著者
岩津 都希雄 (いわつ・ときお)
1949年東京生まれ。医師。伊藤篤太郎の子孫。千葉大学医学部卒業。千葉大学医学部、成田赤十字病院などの勤務を経て、1987年より千葉県我孫子市にて岩津皮膚科医院を開業。著書に、『病原真菌同定法の指針』( 分担執筆、奥平雅彦編、文光堂、1986)ほか
-----------------------------------
ISBN978-4-89694-198-2 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法