小網代の森の住人たち

分類 自然 
タイトル 小網代の森の住人たち 
サブタイトル  
著者 ジポーリン福島菜穂子/浪本晴美【イラスト】/松下景太【写真】 
ページ数 144頁 
判型 A5変形/並製 
定価 1,620円(本体1,500円) 
内容 神奈川県/三浦半島、京浜急行三崎口駅から歩いていけるところに、東京ドーム15個分の広さの原始を思わせる森があるのをご存じでしょうか?
川の源流から河口までがまるごと自然のままに残る貴重な森、ここが本書の舞台となる小網代(こあじろ)です。
この森に住む小さな生きものたちのことをもっともっと知りたい!
知的好奇心全開の著者が縦横無尽に語り尽くす、森の(なんちゃって)博物誌。
さあ、あなたもご一緒に、深くて楽しい「知」の世界を散歩しましょう!

山歩き・森歩きがもっとオモシロクなる小ネタ満載。
軽妙な語り口と愉快なイラスト&情緒溢れるフォトグラフィーで綴る
時空間超越系ナチュラル面白エッセイ!

●小網代は、森を愛する多くの人々の呼びかけで開発計画を免れ、昨夏ついに、神奈川県による完全保全が実現しました!! 
目次 だからやみつきになるカニパト
切なくめでたいカラスウリ
だれが名づけたか高三郎そして又の名を偽デイジー
君は今白髭あたりホトトギス
不思議のキノコ輪になって踊り出すホコリタケ
健やかな幸せふりまくカワラタケキノコは森のふしぎちゃん
数珠玉は雨にも強い高品質天然ビーズ
春の森、極楽のヴェロニカがおでむかえ
可憐なスミレその秘密
龍が踊るか、蛙が踊るか踊らにゃそんそん、オドリコソウ
見てよし、かいでよし、吸ってよし、煎じてよし、そしてたぶん、食べても飲んでもよし、しあわせなスイカズラ
ホトトギスはおいそがし文化大使
シュレーゲルさんのアオガエル
乙姫さまと美味しい魚アマモが叶えてくれるかな 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
ジポーリン福島菜穂子
ミシガン大学で比較文学を学ぶ。東京農大非常勤講師。小網代の森を守る会スタッフ。

----------------------------
ISBN 978-4-89694-975-9 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法