ゴキブリはなぜ絶滅しないのか

分類 動物・昆虫 
タイトル ゴキブリはなぜ絶滅しないのか 
サブタイトル ─殺虫剤の進歩と限界 
著者 林 晃史著 
ページ数 184頁 
判型 四六判・並製 
定価 2,052円(本体1,900円) 
内容 人とゴキブリの果てしなき戦い!
【ロングセラー『虫の味』著者の最新刊】
殺虫剤研究40年の集大成!

高度経済成長期以降、日本人はゴキブリに対して敏感になった。
世の中の期待に応えるべく、毎年発売される新しい殺虫剤の数々。
スプレー式から置き去り法まで、人間とゴキブリの知恵比べは今日も続く。

意外と知られていない、ゴキブリにまつわる話題が満載。
・ゴキブリはかつて害虫ではなかった!
・ゴキブリはなぜ現代人に嫌われる?
・人に害のある虫なの? 
・なぜ殺虫剤は毎年新製品がでるの? 
目次 1章 日本列島ビルムシ・ライン
2章 虫殺し屋の誕生
3章 虫殺しのテクニック
4章 殺虫剤のすべて
5章 ゴキブリとの駆け引き
6章 虫殺しの昭和史 
PDFパンフレット  
備考 著者プロフィール
林 晃史(はやし あきふみ)
1934年生まれ。1956年静岡大学農学部卒。1959〜75年、大正製薬(株)研究部勤務。1975年より千葉県衛生研究所医動物研究室長、1994年退職。現在、防虫科学研究所長、東京医科歯科大学医学部講師。農学博士。医学博士。主な著書に『虫の味』(共著、八坂書房)、『家庭用殺虫剤学概論』(共著、北隆館)など多数。

----------------------
ISBN 978-4-89694-992-6 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法