花の沫

分類 植物 
タイトル 花の沫 
サブタイトル 植物学者サヴァチエの生涯 
著者 竹中祐典 
ページ数 264頁 
判型 四六判・上製 
定価 2,700円(本体2,500円) 
内容 伊藤圭介と親交の深かったフランス人植物学者サヴァチエ。
博士の知られざる波乱に富んだ生涯に迫る!

サヴァチエ Savatier, Paul Amédée Ludovic
1830年10月19日生まれ。フランスの医師,植物学者。慶應二年(1866)横須賀製鉄所の医官として来日。三浦半島、また多くの協力者、友人を介して日本全国の植物を採集し、その標本をフランスに送る。明治9年帰国。フランシェとの共著「日本植物目録」(Enumeratio plantarum in Japonia sponte crescentium)をパリで公刊(1875-79),それには日本の植物2941種が記載されている。また、小野蘭山の『花彙』を仏訳し、日本植物の研究に寄与した。1891年8月27日没。 
目次 ルイーズ
オレロン島
ロシュフォール海軍軍医学校
江戸湾に至る道
馬関攘夷戦
横須賀製鉄所
静養休暇
花彙
日本植物目録
日本アジア協会での講演
カール・クラマー
草木図説
伊藤圭介
リュドヴィクの帰国とマジシェンヌ号周航の旅
海軍離職
列島の残像 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
竹中祐典 1928年東京生まれ
東京薬学専門学校(現東京薬科大学)卒業
パリ(ルネ・デカルト)大学留学、 薬学博士(パリ大学)
国立衛生試験所(現国立医薬品食品衛生研究所)調査室長、化学物質情報部長
日仏薬学会前会長

著書
『薬の好ましくない作用』(共著、1978年、廣川書店)
『毒性情報の検索と管理』(共著、1989年、地人書館)
『横須賀製鉄所の創設―その建設にかかわった在日フランス人たち』(訳、2008年、横須賀自然・人文博物館)
Environmental Health Criteria (WHO)
94 Permethrin
95 Fenvalerate
96 d-Phenethrin
 (共著、1990年、世界保健機関、ジュネーヴ)など
------------------------------------
ISBN978-4-89694-163-0
 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法