中世教皇庁の成立と展開

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル 中世教皇庁の成立と展開 
サブタイトル  
著者 藤崎衛著 
ページ数 512頁 
判型 A5判・上製 
定価 10,584円(本体9,800円) 
内容 〈教皇庁〉の起源と実像に迫る!
ヴェールに包まれた中世の〈聖宮〉の実像に肉薄する画期的論考。

西方キリスト教社会の最高権力者=教皇の「宮廷」というべき教皇庁は、いつごろからその存在が確認でき、またその初期における組織の実態とはどのようなものであったのか?
「ヴァチカン以前」の教皇庁の各部局や役職の具体像を、数々の史料を駆使して、逐一明らかにしてゆく、刺激と発見にみちた労作。
詳細な教皇一覧表、貴重な史料の校訂版と全訳など、付録資料も充実。

   ********************************
第19回(2013年度)地中海学会ヘレンド賞受賞!

藤崎氏の『中世教皇庁の成立と展開』(八坂書房、2013年)は、未校訂オリジナル史料を含む膨大なラテン語史料を検討し、高位聖職者の役人から俗人奉公人に至るまで、13世紀ローマ教皇庁の多様な人材の編制を明らかにしている。本書の学術的独創性は、西洋中世の普遍的権威とされてきた教皇権の歴史を「教皇の歴史」ではなく「教皇庁の歴史」として捉え直そうとした点、中世の教皇庁を一つの「社会」として捉え、その構造・機能を追究した点、教皇宮廷の移動に着目し、制度と空間を結びつける重要な視点を提示した点、にある。本書は、中世の教皇庁全体を俯瞰することに成功した力作であり、その学術的価値は高く評価される。よって、藤崎氏に地中海学会ヘレンド賞を授与する。(地中海学会/2014年6月)
 
目次  
PDFパンフレット  
備考 中世キリスト教の中枢をなすローマ教皇庁。それを、教会の権威を支える理念や世俗権力との政治的関係などの高所からではなく、ローマで現実に機能する原則と実態から捉えること。どんな人が、どんな実務をしたのか。財布や印鑑を預かる役人から、パンや葡萄酒を管理する家人まで、ここで描かれる実像はいかにも手触り感にあふれる。手稿史料などを援用しての論証は、このうえなく説得的だ。
樺山紘一(東京大学名誉教授・印刷博物館館長)

【著者】
藤崎衛(ふじさき・まもる)
1975年生まれ。東京大学文学部助教。
著書に『ヴァチカン物語』(新潮社、塩野七生・石鍋真澄と共著)、訳書にバラクロウ『中世教皇史』など。

-------------------------------
ISBN978-4-89694-164-7 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法