[図説]西洋護符大全

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル [図説]西洋護符大全 
サブタイトル 魔法・呪術・迷信の博物誌 
著者 L. クリス=レッテンベック/L. ハンスマン【著】津山拓也【訳】 
ページ数 564頁 
判型 A5判・上製 
定価 7,344円(本体6,800円) 
内容 西洋古来の護符=お守り850点を詳細な解説つきで紹介
鉱石、植物、動物由来の品から、魔術で用いられる呪符の類、さらには人びとのしぐさまで、不思議なパワーが宿ると信じられ、もてはやされてきた品々と、その文化的背景を詳説した名著。 
目次 1. 実践術 護符とは何か?

2. 石
 石−生殖と増殖/墓石と祭壇、生贄の岩と贖罪
 石の聖域/石の玉座/護符石
 琥珀、磁鉄鉱、黒玉/隕石、化石、人造石
 珊瑚/宝石信仰/胸当て/宝石と支配権の主張
 装飾品か護符か/水晶/鉱物療法

3. 樹木と薬草
 世界樹、神樹、生命の樹/象徴としての植物
 根/果実/生命の薬草−贖罪、治癒、魔法
 植物の精気

4. 動物と人間
 角/前足−爪−鉤爪/蚤取り毛皮
 毛髪−髭−毛皮
 鳥のモチーフ−鳥の剥皮−卵
 骨/歯と歯列/動物および人体の部位
 蝸牛・貝・真珠

5. 神聖物と象徴記号
 神聖物/象徴記号と印章

6. 形象
 十字と結び目
 混成護符および様々な形象護符
 動物に関する形象/月−蝦墓−蛙−円
 目玉−心臟−鐘/仮面と顔
 手、足、身振り/生殖器と魚

7. 状況
 歴史の中の護符 
PDFパンフレット  
備考 [著者紹介]
L. クリス=レッテンベック Lenz Kriss-Rettenbeck(1923-2005)
ドイツの宗教民俗学者。バイエルン国立博物館の主任研究員。訳書に『ヨーロッパの巡礼地』(2004)がある。
L. ハンスマン Lieselotte Hansmann(1917-)
ドイツの著述家。中近世ヨーロッパの宗教・民俗に関する著書多数。

-----------------------------------
ISBN978-4-89694-168-5 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法