アンリ・ルソー

分類 美術・工芸 
タイトル アンリ・ルソー 
サブタイトル 【自作を語る画文集】楽園の夢 
著者 アンリ・ルソー画・文/藤田尊潮訳編 
ページ数 128頁 
判型 A5判/上製 
定価 2,376円(本体2,200円) 
内容 ルソー自身の言葉で綴る生涯と作品
パリの入市税関で働く日曜画家であったため、通称「税関吏ルソー」。
41歳でデビューし、展覧会に出した絵は子供が描いたようだと嘲笑されたが、詩人アポリネールやピカソらの称賛を受け、後年には高い評価を得て、20世紀初頭の美術史に「素朴派」という特異な位置を獲得。今日でも多くの謎に包まれたルソーの自筆手紙やインタビューなどに見える本人の言葉と、そこで言及される作品を集成し、画家自身にとっての真実とは何だったのかを探る【オリジナル画文集】。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-184-5 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法