災害と復興の中世史

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル 災害と復興の中世史 
サブタイトル ヨーロッパの人びとは惨禍をいかに生き延びたか 
著者 G. フーケー/G. ツァイリンガー著 小沼明生訳 
ページ数 296頁 
判型 A5判・上製 
定価 4,860円(本体4,500円) 
内容 洪水・高潮・難破・地震・飢餓・火災・疫病・戦火……災害が日常でもあった中世後期ヨーロッパの人びとは、それらとどのように向き合い、どのように克服してきたのだろうか?
丹念に掘り起こした史料をもとに、災害の現場を臨場感あふれる筆致で再現する刺激的論考、待望の邦訳。 
目次  序章〈人間の環境〉としての災害
機々真紂.弌璽璽襦1529年6月14日/1530年7月4日
供々眥 ルングホルトの神話
掘‘馭法|話羈い如△泙針務い
検|録漫14・15世紀の証言から
后ゝ臆遏〇悲なき自然のみでなく
此_从辧’海┐訶垰圈救命と消火
察 ̄嵒臓_未討靴覆災厄
次\鏖弌‘逎疋ぅ帖1449─50年/ノイス、1474─75年
宗^貨 貨幣暴落の災害と、支配層の詐欺行為
 惨禍Extremereignisse──結びにかえて 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-186-9 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法