日本の植物園

分類 植物 
タイトル 日本の植物園 
サブタイトル  
著者 公益社団法人 日本植物園協会[編] 
ページ数 488(カラー64)頁 
判型 菊判・上製 
定価 8,424円(本体7,800円) 
内容 ─日本植物園協会50周年記念出版─
 
全国の協会会員植物園カラーガイド・論文編・資料編で構成する、日本の植物学に影響を与え続けた50年の記録。
 
論文編は植物園に関する歴史や事業、研究や保全活動、論説、報告、随筆などを掲載。
資料編は「植物園の発展史年表」「日本植物園協会史年表」のほか、「日本植物園協会正会員植物園一覧」「海外植物事情調査記録」「大会研究発表記録」などの貴重な資料を掲載する。 
目次 序文 日本の植物園 ─日本植物園協会50周年記念誌刊行にあたって
 邑田仁(日本植物園協会50周年記念誌編集委員長)
祝辞 ヴェアノン・ヘイウッド(国際植物園連合会長)
祝辞 ピーター・ワイズ・ジャクソン(ミズーリ植物園園長)

◆植物園ガイド ─日本植物園協会正会員

◆論 文 編
日本植物園協会50周年を迎えて 岩科司
日本植物園協会 ─これまでとこれから 岩槻邦男
公益社団法人日本植物園協会の誕生 北中進
「植物園の日」制定について 岡島徳岳
日本植物園協会設立記念樹について 岡島一允
日本植物園協会発会記念樹のチャボトウジュロの運命 久山敦
植物園と文化財 ─東山植物園の温室について 伊藤悟・堀透
京都府立植物園 激動の前半生と日本植物園協会 松谷茂
年表から観た「日本の植物園誕生史話」─植物園協会誕生の頃まで 桜田通雄
都市緑化植物園の管理運営と活性化 輿水肇
日本植物園協会の未来 高橋康夫
最近の海外事情調査 加藤雅啓
植物導入と栽培・展示 香月茂樹
日本植物園協会の植物多様性保全 ─現状と課題 遊川知久
植物園のネットワークによる保全活動 倉重祐二
BGCIと日本の植物園 老川順子
高山帯や寒冷地の絶滅危惧植物の保全・栽培とその課題 冨士田裕子
植物園における展示 ─牧野植物園の成り立ちを例に 田中伸幸・稲垣典年
植物園を利用した社会啓発 田中俊弘・酒井英二
在京都植物園情報交換会 山浦高夫
国立大学園の行方 鈴木三男
植物園における研究とは 田中法生
公営の植物園施設とその管理 ─指定管理者制度の現状 中田政司
指定管理者制度のもとでの宇治市植物公園の事業と集客 本間和枝
生涯学習の場としての水戸市植物公園 西川綾子
私立植物園の成立と存亡 渡辺攻・坂信之
六甲高山植物園の生き残り戦略 上田準
魅せる植物園とその経営 岩田光一
清水公園について 小山章
白馬五竜高山植物園の今までと今後目指すべきもの 坪井勇人
薬用植物園の機能と貢献 竹谷孝一
植物園協会の出版物 ─薬草ガイドブックについて 南雲清二
植物園人間を考える 鳥居恒夫
植物園協会事務局に勤めて 明智洸一郎
熱川バナナワニ園の熱帯動植物友の会及び会報 立松勇
植物園と私たち ─植物園は学びの入口 山住一郎
利用者から見た植物園 ─植物画家と植物園の協力について 石川美枝子
日本植物園協会と植物園 石川格
協会はじめの頃等 広津旭
日本植物園協会の改組について 前川文夫
一冊の古いノート 山崎登
その後の『牧野日本植物圖鑑学名解説』 大橋広好
滝戸道夫「生薬に関する懇談会の発足によせて」追記 白瀧義明・南雲清二
(付)はじめに ─第1回生薬に関する懇談会記録集巻頭文 滝戸道夫

◆資 料 編
資料 1. 日本植物園協会会員植物園一覧
資料 2. 日本植物園協会会員の履歴(在籍記録)
資料 3. 賛助会員の記録(在籍記録)
資料 4. 会員数(年度別)
資料 5-1. 歴代役員一覧
資料 5-2. 歴代評議員一覧
資料 6. 名誉会員一覧
資料 7-1, 7-2. 委員会活動記録
資料 8. 大会・総会開催記録
資料 9. 表彰一覧
資料10. 大会研究発表記録
資料11. 海外植物事情調査記録
資料12. シンポジウム(公開)記録
資料13. 日本植物園協会史
資料14. 植物園の発展史

あとがき 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-191-3 

掲載図版1  掲載図版2

弊社在庫:僅少

書店Web + 注文方法