フローラの庭園

分類 ボタニカルアート 
タイトル フローラの庭園 
サブタイトル アンティーク・ボタニカルアートの愉しみ 
著者 八坂書房[編] 
ページ数 オールカラー120頁 
判型 A5判・並製 
定価 1,944円(本体1,800円) 
内容 写真がない時代に薬草の植物図鑑として始まったボタニカルアート(植物画)は、17世紀頃からは王侯貴族の庭園に咲く珍しい植物コレクションを記録する花の肖像画として描かれるようになりました。
花の女神フローラが降臨した庭に咲く美しい花々を、17〜19世紀の芸術性豊かなボタニカルアートでお楽しみください!

世界各国の美術館・図書館に収蔵され、日本ではあまり紹介されていない作品を含む植物画100点余をコンパクトに集成。
◎羊皮紙(ヴェラム)に描かれた王侯貴族の華麗なる庭園の花
◎高名なルドゥーテによる、マリー・アントワネットが愛した花や、ナポレオン妃ジョゼフィーヌが集めたマルメゾン庭園の植物誌
◎19世紀イギリスのガーデニングを楽しむ庶民に向けた花のカタログ
◎海を越えて園芸大国の形成に一役買った椿・菊・百合など日本の植物の図譜
など、様々な切り口で紹介します。 
目次 目次
I
王侯貴族の華麗な庭
時を越えて咲き誇る17世紀の花々
II
マリー・アントワネットとジョゼフィーヌが愛した植物
ヴェルサイユ宮殿プチ・トリアノンとマルメゾン庭園の植物誌
III
あなたの庭に花を
イングリッシュ・ガーデンの四季
IV
海を渡った日本の植物
江戸時代に海を越えてヨーロッパの庭を彩った日本の草木 
PDFパンフレット  
備考 ISBN 978-4-89694-197-5 C0071 

掲載図版1

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法