図説 ベル・エポック

分類 美術・工芸 
タイトル 図説 ベル・エポック 
サブタイトル 1900年のパリ 
著者 フロラン・フェルス=著/藤田尊潮=訳 
ページ数 128頁 
判型 B5変形/並製 
定価 2,376円(本体2,200円) 
内容 1900年はパリにとって特別な年です。
20世紀の幕開けとなる歴史的な成功を収めた万国博覧会が開かれ、
世界中から訪れた人々で、街は活気に満ち溢れていました。

日本も出展した万博会場のイルミネーション、モードを纏ったパリジェンヌ、
夜の劇場とダンスホール、カフェやキャバレーに集う画家たち、
街角に貼られた宣伝ポスター、華やかな社交場(サロン)......

のちに「美しき時代(ベル・エポック)」と呼ばれることになる
世界を魅了したスペクタクルな芸術都市パリを彩る文化とアートシーンを
気鋭のジャーナリスト、フェルスがクールな視点で読み解き、
350点余の絵画、写真、ポスターなどで再現します。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 フロラン・フェルス
Florent Fels, 1891-1977
パリ生まれのジャーナリスト、美術批評家。同時代の17人へのインタビュー集『パリの画家、1924』(邦訳:八坂書房)をはじめ、『クロード・モネ』(1925)、『ファン・ゴッホ』 (1928)、『ヴラマンク』(1928)、『マティス』(1929)、『ジェームズ・アンソール』(1947)、『芸術と愛 』(1952)など(いずれも未邦訳)多数の著作がある。
---------------------------------------
ISBN978-4-89694-227-9 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法