ラインの伝説

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル ラインの伝説 
サブタイトル ヨーロッパの父なる河、騎士と古城の綺譚集成 
著者 吾孫子 豊[著] 
ページ数 400頁 
判型 四六判・上製 
定価 2,916円(本体2,700円) 
内容 ローレライや白鳥の騎士、ジークフリート伝説など、血湧き肉躍る74 編の伝説とともに、ロマンティック・ラインの川下りへ!
上流のスイス・アルプスからオランダの河口まで、川沿いの都市、城砦、修道院、断崖などにまつわる伝説の数々を、名著として名高いW・ルーラントのライン伝説集に拠りつつ、融通無碍の名調子で語りおろした幻の名著、待望の刊行! 図版150点余(カラー口絵8頁)。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 【著者】吾孫子豊(1970 年没)
昭和期の運輸官僚。昭和34 年から39 年まで国鉄副総裁をつとめるなど、第一線で活躍するかたわら、博識と文筆によっても知られ、『支那鉄道史』『満支鉄道発達史』などの名著を遺す。本書ははじめ国鉄の社内報に連載され、好評を博したという。
------------------------------------------
ISBN978-4-89694-229-3 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法