日本の砂糖近世史

分類 食文化 
タイトル 日本の砂糖近世史 
サブタイトル 土を使って白くする! 製造の秘法を求めて 
著者 荒尾美代[著] 
ページ数 224頁 
判型 四六判・上製 
定価 3,024円(本体2,800円) 
内容 江戸時代の日本と現代のベトナムを駆け、海を越えた砂糖の源流を記録した、貴重なドキュメント。

徳川幕府の下で高級嗜好品として国内生産が始まった白砂糖。土を用いて黒糖を脱色する驚きの秘法を求めて、当時の交易先ベトナムを訪れた著者は、製造現場の取材に成功。その後、現地でも廃れた製造法の記録は大変貴重である。 
目次 第一部 日本の伝統的な砂糖を訪ねて
 第一章 四国の和三盆
 第二章 奄美大島の黒砂糖

第二部 江戸時代の砂糖
 第一章 江戸時代に「輸入」した砂糖と砂糖製造法
 第二章 日本人が試みた白砂糖製造の秘法
 第三章 土を使う方法から和三盆の技術へ

第三部 ベトナムに日本の砂糖の源流を求めて
 第一章 失われつつあるベトナムの糖蜜
 第二章 黒砂糖 ― 含蜜糖の色はいろいろ
 第三章 ベトナムで発見! 土を使った白砂糖製造法
 第四章 グラニュー糖から作る氷砂糖 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-247-7 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法