歴史の中の植物

分類 植物 
タイトル 歴史の中の植物 
サブタイトル 花と樹木のヨーロッパ史 
著者 遠山茂樹著 
ページ数 444頁 
判型 四六判・上製 
定価 3,024円(本体2,800円) 
内容 植物は歴史とどのように関わってきたのだろうか?
古代から身近で聖書や神話に登場するナツメヤシ・オリーブ・ブドウ・バラから、ヒマワリ・ジャガイモ・パイナップルなど大航海がもたらしヨーロッパを変えた花や作物、さらには19世紀大英帝国におけるラン・シダ・シャクナゲ・針葉樹の植物ブームとそれを支えたプラントハンターの活躍など、40余種類の植物を通して意外な歴史が見えてくる!

◉夏の高校野球の優勝旗にナツメヤシが描かれているのはなぜ?
◉英国ロイヤルウェディングのブーケにギンバイカが用いられる理由とは?
◉マリー・アントワネットは髪にジャガイモの花を飾っていた。
◉13世紀にスコットランド軍は野アザミのお陰でノルウェー軍に勝利した。
◉ピーターラビットがひっくり返した鉢植えは、南アフリカからもたらされた最新流行のゼラニウムだった。
◉ロンドンのセント・ポール大聖堂西塔の頂上には、黄金のパイナップルが載っている。
 などなど、楽しい小ネタも満載! 
目次 まえがき

I. 聖書と神話の植物ーー古代からの草木
最古の栽培植物 ナツメヤシ
平和と勝利を運ぶ有用樹 オリーブ
太陽神アポロンの聖木 ゲッケイジュ
死と再生のイトスギ
ブドウ栽培とワイン
健康にも効く禁断の果実 リンゴ
聖母(マドンナ)に捧げる白ユリ
血から生まれた風の花 アネモネ
花嫁を飾るヴィーナスの花 ギンバイカ
スコットランドを救ったアザミ
伝説に彩られたカーネーション
紋章に選ばれたアイリス
古代のバラ(オールド・ローズ)

II. ヨーロッパを変えた植物ーー大航海がもたらした植物と花のルネサンス
太陽の花 ヒマワリとマリゴールド
オレンジのために温室を
パイナップルへの狂騒
寒冷地の救世主ジャガイモ
チョコレートの誘惑
チューリップ熱
オランダの風景をつくったポプラ
ナイル河からモネの庭へ スイレン
東洋からの贈り物 ツバキ
ジャポニスムのユリ
モダン・ローズの誕生    

III. プラントハンターの世紀ーー大英帝国の植物熱
窓辺の鉢植えを変えた南アフリカの花々
オオオニバスが水晶宮(クリスタルパレス)を建てた!?
ヴィクトリア朝のシダ狂い(プテリドマニア)
女王陛下のクレマチス
オーリキュラ栽培とアジアから来たプリムラ
貴族を魅了した熱帯のラン
ヒマラヤへシャクナゲを求めて
十九世紀の針葉樹ブーム
紅茶の国を誕生させた男

あとがき
主な参考文献
索引 
PDFパンフレット  
備考 【著者紹介】
遠山茂樹(とおやま しげき)
1953年宮城県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、明治大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。明治大学、玉川大学、千葉大学などの非常勤講師を経て、現在、東北公益文科大学教授。
著書:
『森と庭園の英国史』(文春新書)、『中世ヨーロッパを生きる』(共著、東京大学出版会)
訳書:
A. M.コーツ『プラントハンター 東洋を駆ける』、M. B.フリーマン『西洋中世ハーブ事典』、G.ターギット『図説 花と庭園の文化史事典』(ともに八坂書房)
----------------------------------
ISBN978-4-89694-265-1 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法