原種ランシリーズ
エビネ属

分類 園芸・農業 
タイトル 原種ランシリーズ
エビネ属 
サブタイトル ―形態と分類― 
著者 唐澤耕司・石田源次郎著 
ページ数 280(カラー72)頁 
判型 A5・上製 
定価 4,860円(本体4,500円) 
内容 膨大な栽培愛好者をもつ美しい蘭のグループ「エビネ類」を、鮮明なカラー写真や豊富な単色図版を添えながら詳述し、栽培などに役立つ情報を満載。エビネ属について、いま望みうる最新・最高の情報を提供する貴重な一冊。 
目次 Calantheとは
1 外部形態
 根/球茎/葉/花/種子と初期形態形成
2 核形態
 染色体研究の歴史/エビネ属の染色体観察/エビネ属の染色体概要/染色体から見た特徴/総合的に見た系統進化
3 分布
4 分類
 エビネ属(Calanthe R. Br., 1821)/近縁属との関連/エビネ属の亜属と節
5 種の解説
 ◎Calanthe亜属
  Calanthe節/Styloglossum節/Ghiesbreghtia節/
  Caulodes節/Rhodochilus節/Aceratochilus節
 ◎Preptanthe亜属
6  園芸
  自然雑種について/人工交雑/栽培

 参考文献一覧
 エビネ属学名集覧 
PDFパンフレット (239KB) 
備考 著者略歴
唐澤耕司(からさわ こうじ)
▼一九三一年長野県生まれ。一九五二年東京教育大学高等師範植物学科卒業。以来高等学校、大学で植物学を講義するかたわら、ラン科植物の調査研究と育種を続ける。理学博士(ランの細胞遺伝学)。
▼広島市植物公園園長、熱帯資源植物研究所所長、(株)沖縄蘭研代表取締役社長、同会長を歴任。日本蘭協会、日本洋蘭農業協同組合等の審査員。国際ラン委員会常任委員。日本えびね協会顧問。理学博士(ランの細胞遺伝学)。
▼主著―『世界の野生蘭』(全8巻)、『パフィオペディルム―種分化の道すじ』、『エビネとその仲間』、『えびね』ほか多数。

石田源次郎(いしだ げんじろう)
▼一九四七年大阪市生まれ。大阪府立大学農学研究科修士課程修了。理学博士(ランの細胞遺伝学)。
▼広島市植物公園栽培課長、広島市農業振興センター園芸課長を経て、現在同センター指導課長。日本えびね協会顧問。
▼主著―『野生らんの作り方・殖やし方』『ミニオーキッドの作り方・殖やし方』『日本のラン』『新園芸相談・洋ラン』『シンビディウム』、など。


ISBN978-4-89694-408-2 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法