カエルの鼻

分類 動物・昆虫 
タイトル カエルの鼻 
サブタイトル ―たのしい動物行動学― 
著者 石居 進著 
ページ数 192頁 
判型 A5変型・上製 
定価 2,160円(本体2,000円) 
内容 ヒキガエルは毎年、生まれた池に卵を産みにかえると言う。どうやってその池を見つけるのか。ヒキガエルの不思議な能力を解き明かすとともに、身近な生き物を観察する面白さを紹介する。 
目次 観察のはじまり
 日本のヒキガエルの仲間
 ヒキガエルの生活史
 なぜ繁殖池の見つけ方に興味を持ったか
 最初の観察にたどりつくまで

ヒキガエルは地図を持っている
 繁殖期のヒキガエルの池への移動
 でたらめ説と一定方向説──自由学園の池での観察
 一日の移動距離
 科学的方法とは
 池の場所を知る手がかりはどこにあるのか
  平林寺での実験/池をなくしたヒキガエルは?
 ヒキガエルが持つ地図は?
  目が見えなくても池を見つけられるか/臭いは関係あるのか
 ヒキガエルは行きも帰りも同じ道をたどる
 地磁気は関係がないのか
 ヒキガエル追跡装置
 低気圧とガマ率

子ガエルの上陸
 子供のヒキガエルが池を出るとき
 どうして池の北側に上陸するのだろう?
 昼行性から夜行性へ

雄の抱接と受精の鍵
 ヒキガエルの生殖行動
  まずは抱きついてみる雄/抱きつきを許す雌は
 雄の抱きつくことの意味
  排卵とは/排卵をうながす黄体形成ホルモン/心臓からの採血法/ヒキガエルの排卵と黄体形成ホルモンの関係は?/雄にも黄体形成ホルモンのサージがある/精子の放出を引き起こす鍵/コンニャクを抱いた雄のヒキガエル/雄だけにサージがあるのはなぜ?
 ヒキガエルの繁殖期とホルモン
  ヒトの生殖とホルモン/ヒキガエルのホルモン
 ヒキガエルのホルモンは季節ごとに変化するのか
  脳下垂体を集める/真冬にヒキガエルを探す/ホルモンの年

周期変化と繁殖期
 蛙はお腹で水を飲む 
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-937-7

-------------------------------------
新装版 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法