渡来薬の文化誌

分類 医・薬 
タイトル 渡来薬の文化誌 
サブタイトル ─オランダ船が運んだ洋薬─ 
著者 宗田 一著 
ページ数 344頁 
判型 四六・上製 
定価 3,356円(本体3,107円) 
内容 江戸時代、オランダ船がもたらした西洋の医学と薬は、驚嘆をもって日本人に迎えられた。様々な渡来洋薬の歴史と文化を、平賀源内、大槻玄沢ら当時の蘭学・本草学者のことばを通して詳細に綴る。 
目次 ヨモギ(艾)──東と西
オトギリソウ──東と西
聖ヨハネの血とエンジ虫
石の油・土の油
石薬など
長崎出島商館医が教えた薬草
テレメンティコ
ルザラシと癒瘡木
シナの根とサルサ根
竜涎香と鯨精
ビリリ
ベルリン青(紺青)
大槻玄沢とジャガイモ
海椰子(ウミヤシ)
大槻玄沢と広東人参
カンタリスと芫青
高野長英と洋方売薬
京都おらんだ宿の売薬
幕府推奨コレラ薬芳香散

資料紹介と解説
 『遠西名物考』の薬物
 『舶来諸産解説七拾條』 
PDFパンフレット  
備考 在庫僅少!メール・電話でお問い合せ下さい。
-----------------------------------------
【著者略歴】
宗田 一(そうだ・はじめ)
1921年生まれ。金沢医科大学薬学専門部卒。
専攻:医学史・薬学史。日本医史学会常任理事などを歴任。1996年死去。
主要著書:『日本製薬技術史の研究』(薬事日報社)、『近代薬物発達史』(薬事新報社)、『図録日本医事文化史料集成』全5巻・企画共編(三一書房)、『江戸科学古典叢書』25・26・27・29・30・32解説(恒和出版)、『近世漢方医学書集成』29・55解説(名著出版会)、『日本の名薬』(八坂書房)。


ISBN978-4-89694-634-5 

弊社在庫:僅少

書店Web + 注文方法