庶民の旅
〈旅の民俗と歴史4〉

分類 品切 
タイトル 庶民の旅
〈旅の民俗と歴史4〉 
サブタイトル  
著者 宮本常一編著 
ページ数 248頁 
判型 四六判・上製 
定価 1,944円(本体1,800円) 
内容 4 庶民の旅
風来坊、遊行僧、芸人、百姓町人など、かつて旅人は地方に情報や知識をはこぶ大切な存在であった。これら民衆の旅のし方と地元とのかがわりを探る。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 ISBN978-4-89694-704-5
------------------------------------------

復刊新装版
『庶民の旅』をお求め下さい。

------------------------------------------
シリーズ〈旅の民俗と歴史〉
信仰の旅、漂白の旅、政の旅、物見遊山の旅──日本人はいろいろな旅をしてきた。本書は旅の歴史の様相を具体的な事実で綴りながら、その中に生まれた風俗・習慣・諸施設,制度から乗り物・履き物などに至るまで描く広範な旅の研究シリーズである。 

弊社在庫:品切

書店Web + 注文方法