厄介な翻訳語

分類 文芸・詩集 
タイトル 厄介な翻訳語 
サブタイトル 科学用語の迷宮をさまよう 
著者 垂水雄二 
ページ数 224頁 
判型 四六判・上製 
定価 2,052円(本体1,900円) 
内容 錯綜する語彙を追う、苦悩と情熱が生んだ翻訳≪語≫エッセイ。
誰も書けなかった、誤訳の文化的背景。

『悩ましい翻訳語』の続編となる本書は、翻訳家、科学者必読の一冊として認知された前著に比べ、より身近な言葉、うっかり間違えやすい52語を俎上に載せる。外国語と日本語の意味の違いがもたらす誤訳の文化的背景を追究する姿勢は前著同様。科学啓蒙書の翻訳家として実績のある著者の筆が冴える翻訳≪語≫エッセイ集、第2弾!
「弁解がましいあとがき」付き。 
目次 ■代表的な翻訳語
トウモロコシ corn
ハーブ herb
スズキ perch
チーズケーキ cheesecake
動物王国 animal kingdom
白鳥の歌 swan song
エコロジー ecology
自然の経済 economy of nature
有機体 organism
市民戦争 civil war
狩りをする男 Man the hunter
砂漠の島 desert island 
PDFパンフレット  
備考 著者◆垂水雄二 (たるみ ゆうじ)
1942年、大阪生まれ。翻訳家。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。出版社勤務を経て、1999年よりフリージャーナリスト。著書に『生命倫理と環境倫理』(八坂書房、2010)、訳書に 『利己的な遺伝子』(共訳、紀伊國屋書店、1991) 、『神は妄想である』(早川書房、2007)、 『進化の存在証明』 (早川書房、2009) など30冊以上。

姉妹篇 『悩ましい翻訳語』 もご覧下さい。
---------------------------
ISBN978-4-89694-962-9 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法