中世教皇史

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル 中世教皇史 
サブタイトル  
著者 ジェフリー・バラクロウ[著]藤崎衛[訳] 
ページ数 376頁 
判型 A5判・上製 
定価 4,104円(本体3,800円) 
内容 歴史の中の教皇──その実像に迫る

もとローマという一都市の司教であった「教皇」は、
いつ頃から、どのようにして、
西欧のキリスト教世界全体の長となったのか?
また一宗教の指導者が、
やがて世俗の諸侯と肩を並べる「君主」となったのはなぜか?

2000年にわたり、
ヴァティカンに積み重ねられた信仰・伝説の闇から、
史実のみを明快に切り分け、
その実像を鮮やかに描き出した、
定評ある通史、待望の邦訳。
キリスト教を、ヨーロッパを語るうえで必携の一冊。
図版多数。 
目次  
PDFパンフレット  
備考 著者
ジェフリー・バラクロウ(バラクラフとも)
Geoffrey Barraclough
1908-1984
歴史家(中世史、現代史)、オックスフォード大学教授。
R. W. サザーンの衣鉢を継ぎ、研究論文の他に一般読者向けの著書を数多く手がけた。『転換期の歴史』(社会思想社、1964)、『現代史序説』(岩波書店、1971)、『図説キリスト教文化史』(編、全3巻、原書房、1993年)など、主著のほとんどが邦訳されている。

訳者
藤崎衛(ふじさき・まもる)
1975年鹿児島生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科特任研究員。
歴史家、文学博士。共著に『ヴァチカン物語』(新潮社、2011年)など。

--------------------
ISBN 978-4-89694-991-9 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法