パリの住人の日記

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル パリの住人の日記 
サブタイトル 1419-1429 
著者 堀越孝一訳・校注 
ページ数 472頁 
判型 四六判・上製 
定価 4,104円(本体3,800円) 
内容 15世紀のパリ、長年の戦禍に蹂躙され、テロと裏切りに荒廃した街に、ジャンヌ・ダルク登場!
中世末期(1405-1449)のパリに生きた、市井の人びとの息づかいを伝える、貴重な史料・全訳注の第2分冊(全3冊予定)。
「救国の聖女」ジャンヌの姿を書きとどめた、数少ない同時代史料として名高い一連の記述を含む、日記中の白眉ともいうべき第挟、待望の刊行! 
目次  
PDFパンフレット  
備考 『パリの住人の日記機もご覧下さい。


[訳者紹介]
堀越孝一(ほりこし・こういち)1933年生まれ。学習院大学名誉教授。
中世ヨーロッパ史専攻。『ジャンヌ・ダルク』『画家たちの祝祭』『わがヴィヨン』ホイジンガ『中世の秋』など、著訳書多数。
----------------------------------------
ISBN 978-4-89694-746-5 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法