パリのノートル・ダム

分類 美術・工芸 
タイトル パリのノートル・ダム 
サブタイトル  
著者 馬杉宗夫著 
ページ数 244(カラー4)頁 
判型 A5・上製 
定価 3,888円(本体3,600円) 
内容 パリを訪れる人でこの聖母堂(ノートルダム)の前に立たない人はあるまい。パリの象徴であるとともにゴシック建築の代表的傑作であるノートルダム・ド・パリのすべてを描くわが国初のガイドブック。収載した写真・図版は150点以上! 
目次 I 歴史としてのノートル・ダム
  1 歴史としてのパリ
  2 歴史としてのノートル・ダム大聖堂
  3 ノートル・ダムとは
  4 ノートル・ダム(聖母)崇拝の高まり
  5 大聖堂(カテドラル)とは
II 大聖堂としてのノートル・ダム
  1 ノートル・ダムとゴシック建築
  2 プラン(平面図)から見たノートル・ダム大聖堂
  3 「神の国」の実現、壁面構成と天井構造
  4 ステンドグラスの輝き
III 彫刻としてのノートル・ダム
 1 一二世紀の扉口彫刻
 2 一三世紀の扉口彫刻
 3 《最後の審判》
 4 ノートル・ダム大聖堂内部の彫刻
IV 図像としてのノートル・ダム
 1 中世美術における「悪徳」の表現
 2 「王のギャラリー」
 3 ノートル・ダムの怪物群とガルグイユ
V ユゴーの見たノートル・ダム 
PDFパンフレット  
備考 【著者略歴】
馬杉宗夫(うますぎ むねお)
1942年広島県生まれ。
1967年、東京芸術大学芸術学科修士課程修了。
1974年、パリ大学付属考古学研究所博士課程修了。
現在、武蔵野美術大学教授。
主な著書
『ロマネスクの旅』『スペインの光と影』(日本経済新聞社)
『世界の聖域15・シャルトルの大聖堂』(講談社)(共著)
『大聖堂のコスモロジー』『黒い聖母と悪魔の謎』(講談社)
『シャルトル大聖堂』『ロマネスクの美術』『パリのノートル・ダム』『ゴシック美術』(八坂書房)など
-----------------------------------
ISBN978-4-89694-497-6 

掲載図版1  掲載図版2

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法