パリの住人の日記

分類 歴史・民族・宗教 
タイトル パリの住人の日記 
サブタイトル 1430‐1434 
著者 堀越孝一訳・校注 
ページ数 288頁 
判型 四六判・上製 
定価 2,808円(本体2,600円) 
内容 15世紀初頭のパリの日常を
陰影豊かに綴った
貴重な記録の邦訳に、
ホイジンガ『中世の秋』の
名訳でおなじみの
西洋中世史の碩学が挑んだ
渾身の絶筆。
シリーズ最終巻。

かの女は……杭に縛り付けられ
火がかけられた──。
ジャンヌ・ダルクの捕縛・火刑、「英仏両王」ヘンリー6世の入城と祝宴……。綺羅星のごとく名場面がつづく貴重な史料の山場を収めた最終巻。百年戦争下のパリの日常を伝える「つぶやき」に、静かに耳傾ける入魂の訳業。 
目次 【略目次】

略史

本篇(訳・校注):
1430年
1431年
1432年
1433年
1434年

付録:
中世人の日記を読む
日々の光景──月暦日記抄
「スウェーデン女王蔵書1923番写本」の筆者について

『パリの住人の日記』と堀越先生──「あとがき」に代えて(関哲行) 
PDFパンフレット  
備考 第郡では、1430年から1449年までを収める予定であったが、誠に残念ながら、1434年の642番の記事が絶筆となり、以下904番まで、全体の四分の一ほどは、未訳のまま残されることとなった。……病床にあって先生は、脱稿済みの訳稿のみで……堀越訳『日記』の幕を下ろすよう、つよく望まれたという。本書は、そのご遺志に沿うかたちで、……一巻としてまとめられたものである。……
──「あとがきに代えて」より

シリーズ既刊:
パリの住人の日記 I』1405-1418
パリの住人の日記』1419-1429

------------------------------------

ISBN 978-4-89694-747-2 

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法