森からの絵手紙

分類 自然 
タイトル 森からの絵手紙 
サブタイトル  
著者 西口親雄・伊藤正子著 
ページ数 188(カラー64)頁 
判型 A5変・並製 
定価 2,160円(本体2,000円) 
内容 四季折々に描き綴った美しい絵手紙に、やさしいエッセイを添えて贈る森からのメッセージ。感じたままを筆に託した絵手紙が、草花や木々との出会いの楽しさ、喜びを伝え、ブナの森・雑木林の温かさを教えてくれる。 
目次 森からの絵手紙
イワウチワ
カタクリ
ウスバサイシン ほか
毒草・薬樹ノート
シカもヒトも、味感覚は同じ
野草は原則として毒草
毒と薬は紙ひとえ ほか
絵手紙の心―森からのおくりものを描く 
PDFパンフレット  
備考 【著者略歴】
西口親雄(にしぐち・ちかお)
1927年、大阪生まれ
1954年、東京大学農学部林学科卒業。東京大学農学部附属演習林助手
1963年、東京大学農学部林学科森林動物学教室所属
1977年、東北大学農学部附属演習林助教授
1991年、定年退職
現在、NHK文化センター仙台教室・泉教室講師
    講座名:「アマチュア森林学」「趣味の草木学」
おもな著書:
『森林への招待』(1982年)、『森林保護から生態系保護へ』(新思索社、89年)、『アマチュア森林学のすすめ』(93/03年)、『木と森の山旅』(94年)、『森林インストラクター入門 森の動物・昆虫学のすすめ』(95/01年)、『ブナの森を楽しむ』(岩波新書、96年)、『森のシナリオ』(96/99年)、『森からの絵手紙』(98年)、『森の命の物語』(新思索社、99年)、『森と樹と蝶と』(2001年)、『森のなんでも研究』(02年)、『森の動態を考える』(04年)、『小さな蝶たち』(06年)
訳書:『セコイアの森』(1997年)

伊藤正子(いとう・せいこ)
1942年、山形生まれ。
1992年1月より、小池邦夫先生の絵手紙講座に入門。
1992年7月より、西口親雄先生の「森林への招待」講座を受講、森林教室で学びながら、絵手紙講座の講師として活躍中。
現在、NHK文化センター仙台教室・泉教室講師

---------------------------------
ISBN978-4-89694-410-5 

掲載図版1  掲載図版2

弊社在庫:有

書店Web + 注文方法